遺品整理や様々な故人を偲ぶ方法~遺品スムーズ一瞬整理~

男女

遺品の整理をしよう

今後の動向についての予測

遺品整理は、人が亡くなったときに生前の家に残したものを整理することです。従来は形見分けなどといって遺族が行うことが一般的でした。 少子高齢化や核家族化の影響で、独居老人の数は増え孤独死する人も少なくなりません。空き家で放置しておくと痛みが進んだりします。ですので、遺品整理の社会的ニーズは増えてきています。最近では、遺品整理の専門業者もありますし、引越し屋や清掃会社が産業として行う場合もあります。 今後の動向については、ますます他業種の参入が進んでくると思われます。さらに、生前に遺品整理を業者が行うといったことも増えてくると予測されます。そんな中、価値あるものの売却までを一貫して請け負ったりすることもあります。

遺品整理で注意すべき点

注意すべき点としては、遺品整理は新しい産業ですので、料金体系は会社によって違います。悪質な業者では、追加料金として見積もりよりも大金を請求するようなケースや、遺品を不法投棄するケースもあります。ですので、よい業者を選ばないといけません。 また、遺族が作業の際にできるだけ立ち会うことが必要です。故人がたとえばへそくりとしてタンスなどに多額の現金を隠していた場合、誤って捨てられたりすることもありますし、扱いに困るものが出た時には、遺族がいたほうがスムーズに作業が進むからです。 賃貸物件などでは、明け渡しの期日が決められている場合もありますので、法要後には速やかにとりかかるなど、契約を生前から確認しておく必要があります。